称名渓谷ジオサイト | 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

称名渓谷ジオサイト

称名渓谷ジオサイト

称名滝

称名渓谷ジオサイト | 立山町

室堂平周辺の水を集めて西へと流れる称名川は弥陀ヶ原の台地に入るとほぼ垂直に150m 以上も切れ込んだ峡谷、「称名廊下」の中を流れ、その末端の断崖には国の名勝・天然記念物に指定されている大瀑布、称名滝がかかっている。称名滝は上部から70、58、96、126 m の4 段から成り、それらが連続して日本最大の落差(350m)を持つ巨大な滝となっている。称名滝は10 万年前、現在よりも15km下流の富山市小見付近にかかっていたが、柔らかい溶結凝灰岩を削?しつつその後,1 年間に10cmほどの速度で後退し、現在の位置に至っている。

詳細へ