ジオガイドとさらに楽しいツアーを | 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

龍ノ口用水

・江戸後期、加賀藩の財政困窮等から新田開発が進められた中で、十二貫野段丘の開墾を目的に椎名道三の指導の下に十二貫野用水が天保10年(1839)に完成。
・この時栗寺地区へ分水した用水路の途中に谷が存在したため、谷の斜面に石管を使用した逆サイホンの水路を構築し、通水を可能とした。
・その当時使われていた石管は現地等に展示されている。

  • 緯度:36.85663°
  • 経度:137.505597°

・逆サイホンの状況(下げ管の長さ32.7m、上げ管の長さ30.9m)。
・石管の長さ、幅、穴の径、管の繋ぎの漏水対策等(展示実物、案内解説板参照)
・用水路の幅と深さと勾配。
・十二貫野用水からの公平な分水方法(場所は龍ノ口用水の上流側約100mで右側の山へ約50m登る)。