ジオガイドとさらに楽しいツアーを | 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

じょうべのま遺跡

・扇端の海岸近くで発掘された平安~鎌倉時代にかけての建物の跡。
・出土品に西庄や寺と書かれた土器、上白米五斗と書かれた木簡などがあり、寺に関係した荘園の管理所ではないかと考えられている。
・遺跡中央を海(北)へ向かい流れる川の跡があり、川の西側から平安時代前半の建物跡が20棟以上や土器、木簡が出土した。川の東側からはやや小さな建物跡と中国製の磁器や珠洲焼、瀬戸物が出土した。鎌倉時代と想定されている。

  • 緯度:36.953962°
  • 経度:137.494848°

・発掘された建物の柱跡が表示されていて、何代か建て替えられた様子がうかがえる。