立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

扇状地内の水力発電所(黒東第2発電所)

・黒東第2発電所は当初黒部川第1発電所と呼ばれ、黒東合口用水を利用し、大正15年に運転を開始した。
・発電出力は当初最大出力4160kw、昭和26年同7760kw、平成5年に用水路の大改修に合わせて廃止新設(黒東第2発電所)され、同10400kwを発電している。
・使用水量は最大で43?/秒。有効落差28.8m、低落差用のプロペラ型水車を利用している。

  • 緯度:36.896635°
  • 経度:137.536754°

・発電所の水門と発電所との高低差。
・用水路の規模と経路、勾配、水量と流速、。
・水門上流側での四千石用水への分水方法。
・排水路の形態、合口用水との接続状況。