立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

下新川海岸

・臨海扇状地である黒部川扇状地は海岸近くまでの急な海底傾斜や高波等により、江戸時代以前から海岸浸食に悩まされてきた。
・海岸浸食は黒部川等による土砂の供給が減少した昭和40年代から海岸での砂浜の消滅が起こり、防波堤やブロックによる護岸、離岸堤や副離岸堤、有脚式離岸堤など下新川海岸には日本3大浸食海岸として様々な対策がいち早く取り入れられている。

  • 緯度:36.948269°
  • 経度:137.481715°

・護岸や浸食の状況。
・最新の護岸技術の展開状況
・寄り廻り波に対する観測、情報周知方法(田中海岸の観測施設等)