立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

下立の大理石

・林道の側面に幅3m高さ2m程の大理石の露頭があり、金網がかけてある。ここから約100m程下がった場所に大理石のテーブルと椅子が置かれ、案内板もある。
・この大理石(オニックス・マーブル)は普通の大理石の成因と異なり、温泉活動で出来たもので細かな縞模様が特徴である。 地質学的にいう「大理石(結晶質石灰岩)」ではない。
・ここで産出した大理石は国会議事堂、北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅の待合室に使用されている。

  • 緯度:36.835312°
  • 経度:137.546452°

・縞模様の層の厚さと色模様。
・金網の大理石から5m程の上流側には類似した色の岩が露出しているが、これは大理石ではない。