立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

弥陀ヶ原

弥陀ヶ原は今から約10 万年前に立山火山の大火砕流がつくりだした長さ12kmのなだらかな溶結凝灰岩の台地である。弥陀ヶ原の台地の東半分は現在、ガキ(餓鬼)田と呼ばれる池塘が1,000 近く点在し夏には高山植物が咲き誇る湿地(2012〔平成24〕年にラムサール条約湿地に登録)、西半分はタテヤマスギとブナに覆われた森林になっている。

  • 緯度:36.5713°
  • 経度:137.5503°

・溶結凝灰岩 ・池塘 ・泥炭 ・鬼界アカホヤ火山灰 ・雪田植生