黒部川扇頂ジオサイト | 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

黒部川扇頂ジオサイト

黒部川扇頂ジオサイト

墓ノ木自然公園

黒部川扇頂ジオサイト | 入善町

・黒部川の河川敷に設置された自然林の公園で野鳥、樹木、草花の観察や水遊びに適す。キャンプ場も併設されている。

詳細へ

愛本橋

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・黒部川扇状地の扇頂部の愛本峡に架けられた鋼ニールセンローゼ型橋で昭和44年8月の大洪水で旧愛本橋が流失したため現在の位置に架け替えられた。
・旧愛本橋は現愛本橋の上流約60mの最狭部にあり、最初の橋は寛永3年(1626)の打渡橋で、その後加賀藩主5代目前田綱紀が寛文2年(1661)に橋脚の無い刎橋を架けさせたことで日本三奇橋として有名になった。以後刎橋で8回の架け替えがあった。現在は13代目。

詳細へ

舟見野段丘崖

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・現黒部川扇状地の前の舟見野段丘を形成した扇状地を現在の黒部川が削った約60mの高さを有する段丘崖。
・中央部の露頭では上層から黒ボコ土、赤土の混ざる土の層、丸い礫を含んだ砂礫層、角の取れた大きい石の層、角の取れていない石の層、層状の砂岩、塊状の砂岩と舟見野段丘の堆積状況が見られる。

詳細へ

下立の霊水

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・下立の十二貫野台地につながる段丘崖の谷川のふちに湧く清水。
・下立金毘羅社への参道の入口にある。

詳細へ

黒部川の水神社(墓ノ木の水神社)

黒部川扇頂ジオサイト | 入善町

・黒部川の流れが実質的に平野部に解放される墓ノ木の河岸段丘崖下、黒東合口用水と黒部川の堤防に挟まれた地に祀られた水護神社。
・往古に大洪水があり、この地の堤防が決壊しようとしたとき、バンドリを着た男が川に入って堤防を守り決壊が免れた。翌朝男は黒御影石に変わっていたことから御神体として祀られていて、毎年10月13日祭には感謝の意を込めてたいまつ行列が行われる。

詳細へ

愛本堰堤

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・大正末期、黒部川扇状地の農業用水の合口化と段丘崖を利用した発電所建設計画が実施されることになり、愛本堰堤は現在の位置から150m下流の当時の愛本橋のすぐ下流に設置され、昭和7年に完成し使用が開始された。
・愛本堰堤は昭和44年8月11日の大洪水で愛本橋とともに流失。昭和47年に現在地へ移し完成した。 取水量は両岸合わせて最大で約80?/秒(受益面積に基づき黒東52.87、黒西24.97)。

詳細へ

沖積段丘

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・旧黒部川扇状地の舟見野段丘と現扇状地の中間時代できた扇状地を現扇状地が掘削して現在の沖積段丘が残る(左岸側は黒部市下立、浦山)。
・段丘は約1.5/100の勾配で舟見野段丘よりも小さく、現扇状地よりも大きい。
・右岸側の沖積段丘の坪野遺跡(入善町下山)には縄文遺跡がある(右側の写真)。

詳細へ

黒西合口用水

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・大正末期、黒部川扇状地の農業用水の合口化と段丘崖を利用した発電所建設計画が実施されることになり、昭和7年から利用開始された。
・黒西合口用水は取水量最大で24.97?/秒、受益面積2330ha、13用水路で黒部川の左岸下立以降の扇状地の農地を潤す。
・平成4年に大改修が完了し、下立地内のトンネル化(写真右の右側水路が新設水路、左側水路が旧合口用水路)が目玉工事であった。

詳細へ

黒部川神社

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・昭和9年の記録的な大洪水の際に下流が被害を受けたにも関わらず、この地の堤防が決壊しなったことに感謝し、昭和14年に設置された神社。
・黒部川を挟んで右岸に本殿、左岸に鳥居が立ち黒部川の本流を境内とする。 
・祭神は天照大神に水と火の神が祀られている。

詳細へ

黒東合口用水

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・大正末期、黒部川扇状地の農業用水の合口化と段丘崖を利用した発電所建設計画が実施されることになり、大正15年から利用開始された。
・黒東合口用水は取水量52.87?/秒、受益面積5192ha、16用水路で黒部川の右岸墓ノ木以降の扇状地右岸全域と舟見野段丘の中央部及び下流部の農地を潤す。
・平成5年に大改修が完了し、黒東合口用水路は随所に暗渠化(写真右)が行われた。

詳細へ

扇状地内の水力発電所(黒東第1発電所)

黒部川扇頂ジオサイト | 黒部市

・黒東第1発電所は当初黒部川第3発電所と呼ばれ、黒東合口用水と段丘崖を利用し、黒部川第1発電所、第2発電所より遅れて昭和4年に完成した。
・発電出力は当初最大出力3700kw、昭和26年同5140kw、平成5年に用水路の大改修に合わせて廃止新設(黒東第1発電所)され、同5300kwを発電している。
・使用水量は最大で52.87?/秒。有効落差12.1m、低落差用のプロペラ型水車を利用している。

詳細へ