立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン 立山黒部ジオパーク 高低差4000mロマン

室堂平

現在の立山カルデラ内に存在していた火口から流れてきた溶岩によってできた溶岩台地である。その最後の溶岩は今から約4 万年前までで、以後、台地上とその周辺でマグマ水蒸気爆発を繰り返し、ミクリガ池やミドリガ池などの地形を形成した。地獄谷では温泉の湧出や噴気活動などの地熱活動が認められる。

  • 緯度:36.5782°
  • 経度:137.5979°

・玉殿溶岩(デイサイト) ・溶岩台地 ・迷子石 ・水蒸気爆発の爆裂火口 ・氷河堆積物 ・雪の大谷 ・高山植物 ・ライチョウ ・オコジョ